SAPPHIRE 1日目:ラップ

SAPPHIRE、SAPの年間顧客会議は、過去数年とはまったく異なる経験です。 1時間の講義は、決して起こらないかもしれないもののファンキーなデモで耐えられるようになりました。短くても、大陸横断のQ&Aで補完された鋭いピッチ。全体的な効果は、コンテンツが軽く始まり、日が進むにつれて改善するものです。定期的な試飲の間隔で酔っぱらって棺で熟成したワインを考えてください。

まず、ブロガーの抱える議題は、エグゼクティブ・ボードのメンバーでCTO、SAPのVishal Sikkaの聴衆でした。一年前、Vishalは、ロケット科学者だけが理解できる言語で話している不思議なオタクでした。今日、急成長している開発組織が変化にどのように対応しているのか、アジャイル組織の作成に取り組んでいるのか、そしてSybaseの買収がどのような違いをテーブルにもたらしたのか、もっと自信を持って説明しました。 (この記事の一番上にあるビデオを確認してください)。Vishalは、時間がたつにつれて、SAPソフトウェアのための500万のインターフェース画面が存在すると考えています。その大部分はモバイルデバイスで利用可能です。同社はSybaseの買収をモバイルプレイとして強調しているが、ホールではグローバルアカウントの販売担当者がこれを金融サービス界の魅力と考えている。両方のベスト?取引が終了し、2社が6ヶ月間取引を終えると、我々はこれを見るでしょう。

ビデオの冒頭で、ビニエ・ミルチャンダニ氏のSAPイノベーションに対する批判が「スプライニング」の古いソフトウェアとみなされているのを聞くためにSAPがどれほど苦労しているかを聞いてきます。「男が傷つきます。 “彼は言う。

次はBill McDermott(共同CEO)SAPでした。 (上記を参照)

私はその前に、彼らはラインフリーザーのトップを買うプレミアムを支払って喜んでエスキモーを作ることができます。彼はその営業担当者です。 「SAPは依然としてリーンで実行することでマージンを拡大することができますが、マージンをSAPの顧客に搾り取っているわけではありません」と述べたとき、彼は誠実に言いました。 Billは、競争の景観について議論する際に、「顧客はスタックを持っているため、スタックを購入しない」と述べています。それは公正な点です。また、ブロガーやSAPメンターに、相互に重要な合意された問題についてCEOのオフィスとの対話を開いて維持するよう求めました。私たちの中には、SAP認証を価値の差別化要因とする問題があります。

最後に、Doug Merritt、EVP OnDemand、Business ByDesignとの強力な議論がありました。 Dougは本当にセールスマンですが、彼はかなりの挑戦的なポートフォリオを持っています。会話中、彼は、顧客が機能別に未定の価格帯で購入することを可能にするスターターパックを開発したと述べた。顧客は、最低10人のユーザーでスイートを購入することもできます。これは、SAPによるこれまでのすべての記述とは大きく異なり、おそらく、25ユーザー以上の市場が、まだ部分的に焼き付けられた市場投入戦略よりもはるかに多くを必要としているという認識です。

私は、SAPがBYDを急速な成長を可能にする方法で市場に出す方法を考え出していないと懸念しています。しかし、午前のセッションでは、共同CEOのJim Snabeが1つの潜在的な鼻水を鳴らしました。朝のQ&Aでは、彼はSAPがBYD収入について話し合うつもりはなく、多くの顧客に集中することを指摘しました。これはウォール街を喜ばせるものではありませんが、このビジネスラインを拡大しようとするSAPの人生を楽にします。

結論 – SAPは今日も賞を得ています。私がBYDに言及していること以外にも、私が見たいと思っていたような、「ショックと畏敬の念」のようなものはなかった。しかし、Cスイートからのメッセージは、SAPが顧客ロープの火傷にもっと穏やかな気分を味わうのに役立ちます。それだけで価値があります。

もっとサファイア

調査によると、SAP HANAは節約をもたらし、それはおそらく真実です

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社Vivandaに投資します

SAPのSaaS戦略:オンデマンドアドオン、Business ByDesignスターターパック、SAPの持続可能性ビジネス:測定後に残るもの、VirginのBranson:敵はカーボンで、ITの役割はSAPが最新のBusinessByDesignリリース、SAPPHIRE 2010:SAP最後のチャンス?

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業