AMDは戦いなしでデータセンターを放棄する

2年前、AMDはデータセンター向けの高密度サーバシステムの革新者であるSeaMicro社を買収した際に、データセンター技術の最先端に突入するという驚きの動きを見せました。しかし、25ヵ月後、AMDは2015年4月16日に「We’re done」発表をしてSeaMicro事業を断った。

AMDが業界のパイオニアであるSeaMicroを襲って、Intelの傘下にある(元の高密度システムはIntel Atom CPU上に構築されていました)、それが正しい方向に向いているように見えました。 2014年第1四半期にはAMDが黒字化し、シーマイクロを買収するために3億3,400万ドルを費やしたが、最近数十億ドルの買収でバケツが落ち込んでいるが、AMDは近い将来、データセンターで最新の技術を使用することができます。 SeaMicro社の買収により、AMDは次世代の64ビットARMプロセッサ市場をリードしています。これは、データセンターの将来の高密度サーバソリューションの候補と考えられています。

Intelがデータセンター製品で最大の売上成長を達成したことを複数回公に発表したことで、AMDは賢明な動きを見せ、SeaMicroとARMテクノロジを活用してx86 CPU事業のデータセンタープレイヤーになる機会を得ましたできなかった。しかしAMDは、64ビットARM CPUの将来性や、高密度サーバ製品の基盤となる接続技術であるSeaMicroのFreedom Fabricの可能性については決して追い求めませんでした。

SeaMicroの急激な放棄は、AMDをより収益性の高いものにしたり、より優れたテクノロジー企業にすることはありません。ビジネスの性質上、AMDがデータセンターのような専門市場向けにインテルと競争しようとしていることをあきらめているように見えます。 2015年の第3四半期より早く登場しない次世代GPUに関連して発表されたことと、GPUの戦いがNvidiaに向かうように思われるカップル。

AMDの単なる存在が競合他社の足元を支えていた時がありました。しかし、それはAMDがコンピュータ技術ビジネスの歴史の中でもう一つの “ほぼ”になるように見え始めている。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

Star Trek:50年にわたる積極的な未来主義と大胆な社会的解説、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの発売を見出し、iPhone 7、新しいApple Watch、AirPodを手がけ、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

IBMは、Linux、Power8、OpenPowerの新システム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「データセンター、デルタはシステムの稼働停止に$ 1億5000万ドル、データセンター、デルテクノロジーは持ちこたえます:ここでは、エンタープライズビジネスの群れであるDell、EMC