1の事、2つの事… Internet of Thingsは以下の開発者を獲得し始めます

フランケンシュタインの生き物の多くは、物のインターネットと呼ばれるものが、開発者コミュニティの足がかりを得るようになっており、もっと多くのアプリケーションが進行中であることを示唆しています。

これはEvans Data Corporationの新しい調査の結論です。最新の調査に参加している1,400人の開発者のうち17%が「Things of Internetのための接続されたデバイスのアプリケーションに取り組んでいる」と答えています。また、今後6カ月以内に接続されたデバイスのアプリケーションの開発を開始する予定の23%

しかし、もちろん、IoTのような実体はありません。また、開発者は非晶質のIoTを指すアプリケーションを書くつもりはありません。むしろ、IoTはプラットフォームとテクノロジの集約です。 Evansは、開発作業の対象となるものを正確に把握するために解析を行いました。

この調査では、IoT開発者の31%がIoTとクラウドコンピューティングを最も関連づけ、リアルタイムイベント処理(26%)、ビッグデータ(17%)、マシンツーマシン(15%)が続いています。

もちろん、IoTは誇大宣伝の最中です。そのため、IoTに関する数多くの業界の話題と、その用語の数千の解釈があります。 ITの予言者ジェイソン・ブルームバーグが最近の記事で指摘しているように、「IoTの爆発は、あなたがそれについて考えるならば、興味深いものです。インターネットは20年近く近づいてきており、いつも何かしかし、今では、食器洗い機からドアノブまであらゆる種類のものがインターネット接続を必要としているようだ。結局のところ、私たちの食器洗い機は長い間、ドアノブとの会話を楽しんでいた。

消費者とデバイスのデータがIoTを行き来して前後に入れ替わることについては、数カ月と数年の間に多くのことが聞かれることになるでしょう。それの多くは誇大宣伝になるでしょう。 GEのコンセプトである「インダストリアル・インターネット」のように、飛行機用エンジンや発電機用タービンなどの主要コンポーネントには、ラジオ・パフォーマンス・データを送信できるセンサーが装備されているなど、魅力的なエンタープライズ規模のアプリケーションがいくつか出現しています彼らのメーカーに戻ってくる。これがIoTが真のインパクトを与える場所であり、開発者がこの種の機能をどこで利用するのか興味深いでしょう。

(開示:私はこのポストで言及されているが、このプロジェクトには関与していないEvans Dataの時々の寄稿者です。)

クラウドコンピューティングの成長

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

ラズベリーパイは1000万回の売り上げを記録し、「プレミアム」バンドルで賞賛します

アドビは、4年間の停滞後、NPAPI Flash for Linuxを再編

クラウドコンピューティングは1度に1つのAPIを成長させ、開発者はApigeeを6億2500万ドルで買収し、ハードウェアはラズベリーパイが1000万回の売上を上げ、プレミアムバンドルで賞賛し、セキュリティは4年間後にNPAPI FlashをLinux用に復活させるスタシス