オーストラリアはOECDブロードバンド統計で21位を維持

オーストラリアは、2011年の最後の6カ月間に、経済協力開発機構(OECD)のブロードバンド・サブスクリプションで21位にとどまりました。

OECDは、昨日発表されたデータによると、34の国のうち21位が100人あたりのブロードバンド加入件数の最新統計に占めている。

統計によると、オーストラリアは24.6%のブロードバンド普及率を有しており、大半の加入者はDSL接続から来ている。スイスは39.9%の普及率でトップを飾り、オランダは39.1%の伸びを記録した。トルコは、ブロードバンド普及率10.1%で最後に位置づけられました。

2011年6月から2011年12月までにブロードバンド普及率が0.6%増加したにもかかわらず、オーストラリアは去年6月18日からこの地位に移行した後、2011年には21位になりました。

オーストラリアの固定ブロードバンド普及率は依然として低いが、2011年12月時点で100人あたり74.4のワイヤレス加入者数で8位に入っており、国内では8位に入っている。 2011年6月の64.8%の普及率から大幅に増加しました。韓国では、100人あたり100.8のワイヤレス加入者数を誇っています。

このデータによれば、現在、0.42%のオーストラリア人だけがファイバー接続を介してインターネットにアクセスしています。

ステファン・コンロイ(Stephen Conroy)通信大臣は、この数字は「ナショナル・ブロードバンド・ネットワーク(NBN)の必要性を強化する」と述べた。

コンロイ氏は、「OECDの数字は、オーストラリア人全員にNBNを提供することの重要性を引き続き示している」と述べた。

NBNの迅速で手頃な価格の信頼性の高いブロードバンドは、他のOECD諸国が独自の超高速ブロードバンド機能を開発している場合でも、オーストラリアがOECDブロードバンドランキングを立ち上げるのを助けるでしょう。

シャドー通信大臣Malcolm Turnbullはコメントのために連絡を取られましたが、執筆の時点では対応していませんでした。

リベラルMPのポールフレッチャー氏は、コンローイはオーストラリアのランキングに責任を負うべきだと語った。

スティーブン・コンローイのブロードバンド政策は5年近く働いていますが、ベンチマークでは反対の立場で一貫して強調していますが、オーストラリアのブロードバンド・パフォーマンスは悪化していません。

コンロイは、患者にリーチをかけている中世の医者のようなもので、もっと多くのことを続けば、患者はより良くなると主張しています。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン

ブラジルのパラリンピックは技術革新の恩恵を受ける

ブラジル政府がWazeを禁止する可能性