中国は著作権侵害に対抗するためにソフトウェアライセンスに$ 157Mを費やしている

中国は、すべての政府官庁に海賊版ソフトウェアの使用を阻止する国民運動の一環として、最近ライセンスソフトウェアを購入するのに10億元以上を費やしている(1億5,690万米ドル)。

新華社通信は、6月末までに、オペレーティングシステム(OS)ライセンス158,823台、オフィスソフトウェア506,693台、ウイルス対策ソフトなどの専用ソフトウェアの使用に費やされたと報じた。

国家著作権管理局のヤン・シャオホン副局長は、この報告書では、国家当局と地方政府のソフトウェアの不正使用の検査と修正を含む反海賊行為の第2段階が完了したと述べた。

市と郡レベルでのソフトウェアライセンスの点検と調達は、2013年末までに終了する予定だったと付け加えた。現在までに、中国の500都市と5900郡のうち、159都市と2,800郡がコンプライアンス検査プロセスを経て是正措置を受けていると、新華社が報告した。

米連邦捜査局(FBI)はCrackasのメンバーを逮捕し、米政府関係者をハッキングする姿勢を示した。政府の監視による緊急対応

ヤン氏によると、調達プロセス中に国内ソフトウェアと外国ソフトウェアプロバイダが同等の扱いを受けていないことが挙げられる。

しかし、当局者は、プロジェクトの残りの部分を実施することには障害があることを指摘した。これは、政府内で公式の小切手と説明責任を確立することである。多くの地方自治体関係者は知的財産権(IP)の重要性を認識しておらず、インストール後にソフトウェアライセンスを監視することは常に困難だと同氏は説明している。

しかし、ヤン氏は反著作権侵害行為が成功すると確信しており、財政支援、無形財産の管理、監査、検査などの努力を継続する体制を確立するとしている。

同副長官は、海賊対抗キャンペーンは、国際的な義務を果たすだけでなく、中国をイノベーション推進国に変えるために、知的財産権を保護する上で重要であると付け加えた。

このキャンペーンはまた、国内外の企業にとって大きな市場機会をもたらしました。公式の外国人ソフトウェア企業は中国での製品販売を奨励され、中国法の下で保護されています。

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン