イギリスはICTプレミアリーグから降格

英国はICTの「準備状況」と利用の国際リーグテーブルでトップ10から脱落しました。

英国は、WEFが年次グローバル情報技術報告書を作成するために使用するWEF(Networked Readiness Index Framework)によると、昨年9位でした。今年の報告書によると、英国は12位に落ちた。

オーストラリアは英国の直下に位置し、ドイツ、日本、フランスを控えて14位となった。

WEFによると、この報告書は、「国家開発におけるICTの役割の背後にある根本的な複雑さを解く努力を表している」と述べている。この枠組みでは、企業、個人および政府のつながりとICTの使用、ならびに各国の規制および経済状況を考慮する。

今年のリーグトップは、デンマーク(2年連続) – スウェーデン、スイス、米国、シンガポールの順となった。上位10社のうち7社が欧州諸国であったが、韓国はトップグループで最大の改善を示し、昨年より10カ所増えて9位になった。

「北欧諸国、シンガポール、米国、または韓国の成功した経験は、ICTの重要性に関する統一された政府のビジョンと教育とイノベーションの早期の焦点は、ネットワーク化された準備を促進するだけでなく、持続可能な開発の基盤となる」と述べた。同報告書の共同編集者、WEFの上級エコノミスト、アイリーン・ミア氏は、

このレポートは今年シスコが後援しました。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは何十年にもわたって考えることができます