SAPはIoT、インテルとSiemensのチーム

ORLANDO – SAPはIOT向けHANAクラウドプラットフォームを水曜日に明らかにするために、Things of Thingsの深層化を進めています。

このソフトウェアメーカはまた、ドイツ企業のSiemens AGとIntelのチップメーカとの共同プランを発表し、IoTポートフォリオの拡大を図っています。

SAPの理事会のBernd Leukert氏は、水曜日の朝の基調講演で、接続された自動車、ロジスティクス、スマートシティ、スマートな自動販売システムのアプリケーションにどのようにプラットフォームを使用できるかを指摘し、IoTのためのHCPを発表しました。

「これらの製品からデータストリームを取り出して保存し、リアルタイムで処理し、HANA Cloud Platformの豊かさに予測機能を追加する可能性があります」とLeukert氏は述べています。

成功への鍵となる既存のビジネスに直接つながります。何百万ものセンサ内部からループを閉鎖して、事業所内から会議室まで閉じる必要があります。

プラットフォームは、予測分析、テレマティクス、ジオロケーションなどの既存のSAPテクノロジーを使用して構築され、企業はビジネスの最先端のデバイスに接続することができます。

SAPはIoTのためのHCPを企業のプライベートクラウドに展開可能にしているか、企業が自社の顧客向けにデバイスクラウドを運用するために使用しています。

SiemensおよびIntelとのパートナーシップは、SAPのIoTプッシュに対する第2の要素と見ることができます。

インテルは、相互運用可能なIoTツールを作成するための青写真をSAPに提供します。このツールはHANAプラットフォームと連携して展開を簡素化し、迅速化します。 SAPは、コラボレーションの第一歩は、インテルのIoTゲートウェイとSAPクラウドを統合するためのコンセプトの証明だと語った。

シーメンスについては、ドイツのコングロマリットは、HCPを使用して業界向けに独自のクラウドを構築します。統合されたクラウドの目的は、産業界の顧客に大規模なデータセットを分析し、IoTセンサーデータから価値を引き出すことができるようにすることです。シーメンスは、HCPをベースにしたITエコシステムを開発者や製造業者に開放していく計画だと語った。

IoTにおけるSAPの最新の取り組みは驚くほど多くはありません。同社は、3月上旬にグローバルIoTプラットフォームプロバイダのジャスパーと発表した以前のパートナーシップを含む、IoT分野でのプレゼンスを拡大するために取り組んでいます。 Jasperはパートナーシップのもと、SAPのHANAとそのプラットフォームを統合することに合意しました。

クラウドソフトウェアメーカークーパ、7500万ドルの株式公開

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

SAPの顧客がS4 / HANAにコミットしていないとリミニ・ストリートが言います; IBMはインテルにSAP HANAのスペースを挑戦します; SME-syはそれを行います:中小企業からの大きな成長のためのSAPの計画;クラウド・ギャング:収益の比較; SAP:HANAは非常にオープンなプラットフォーム

クラウド、クラウドコンピューティングのクーパ、7500万ドルのIPO、クラウド、クラウドコンピューティングが1つずつAPI、エンタープライズソフトウェア、スイートSUSE! HPEはLinuxディストリビューションを曇らせ、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開してより敏捷性を約束

続きを読む