誰が今オープンソースに脅かされていますか? SAP

オープンソースの前に乗ってそれを無視することは、貨物列車の前に乗るようなものです。しかし、SAPにはほとんど選択肢がありません。

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業

一方ではオープンソースの脅威(mySQL、Ingres)が増加し、もう一つは大胆なOracle(PeopleSoftとSeibelを買収)に襲われたShai Agassi(右)の社長兼社長は、事実も法律も持たない弁護士の立場。

唯一の解決策はテーブルを叩くことです。

今週のサンフランシスコでの演説で、彼はオープンソースの「知的財産社会主義」と呼ばれるコードを改ざんしてはならないとし、彼の会社がオープンソースをサポートしていれば、革新のインセンティブを持たないと述べた。

良い修辞は、それは動作するのだろうか?疑わしい。企業はレトリックを買わず、レトリックもインストールしません。彼らはソリューションを購入してインストールします。彼らは総所有コストのようなものを探します。大部分は未だスケーリングされていないため、スケーリングされたオープンソースプロジェクトはまだそこで脆弱であるかもしれません。しかし、スケーラビリティーは速く、SAPのコミュニティをどのように速くしても、より速く航行しています。

アガシはOracleの名前とも呼ばれ、「海賊」のような名前です。しかし、実際には海賊でなければならないSAPだが、今買収した製品から移行しなければならないエンタープライズ顧客を盗んでしまい、売り上げが堅調になる。

しかし、報告したり批判したりするのではなく、あなたの意見に興味があります。あなたが企業の顧客であれば、今後3〜5年で何が見え、恐れていますか、それについて何をしていますか?

調査によると、SAP HANAは節約をもたらし、それはおそらく真実です

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社Vivandaに投資します